page:02………5年前には辿り着けなかった場所へ

【daintree river】

実は今回、行きたかった所は満席で予約が出来ず(6月初旬だったのに)、

じゃぁ、ほら、5年前に時間切れで行けなかった所にしてみようか、

で、行く場所を決めた。(案外いい加減 (^_^;)

パックツアーのフリータイムにレンタカーで、

今は行けそうな1番遠方の最終目的地だけは決めて走り出すようにしているが、

5年前はまず近場の目的地しか決めていなかったため、

時間があまりそうだから、もう少し走ってみようか?

と走り出したものの、帰りの時間を逆算して、

川を渡るフェリーの手前で泣く泣くUターンして戻ってきたのです。


この度めでたくフェリーに乗船。

といってもこのフェリー、たった数分の旅。

両岸に張り渡したケーブルに添って動く道路といった方が正解。

なんで橋をかけないんだろうかと思ったら、

サイクロン等で水位が上がって橋が流されてしまうそう。

後日、サイクロンの影響で破壊されて、見事に朽ち果て苔むした建物を

見に行くことになる。


その数分のための待ち時間が数十分。

一度に10台前後のクルマしか運べないので、乗船場の手前にはクルマの長い列。

待ち時間を利用してバスを降りて散策していると、

汽笛の音が聞こえ、蒸気船を模した遊覧舟がのどかにやってきたり、

ダチョウぐらいの大きさの派手な色の鳥の銅像(?)があったり。

田舎の日なたのキッチュな感じに???

あとで、この鳥がこの辺にしか棲息していない、

オーストラリア固有種(キャソワリィ)で、

滅多にお目にかかれない鳥だったことがわかるのですが、

その時は、これは何~?と思っていたので、

記念撮影しなかった。あ~あ残念。

やっぱり、下調べは必要だね。

そうそう、キャソワリィ注意の道路標識だけは見た。

あのカンガルー注意やコアラ注意と同じ形式。

それだけでも異国情緒はあったわけだが、本物見たかったなぁ。


photo:

ケーブルフェリーはこんな感じ

contentsへ戻るcontents.html