page:05………川の生まれるところ

【wujal wujal】

オーストラリアといえば雄大な自然とカンガルー・コアラなどの特有な動物。

そして、アボリジニ。

有名なエアーズロックもアボリジニたちの聖地で、

彼らは決して登ったりはしない。

今は観光客に解放してくれているが、

来年にはとうとう登攀も禁止される予定とか。

数年前に登っておいて良かった。

まだの方は話のネタにどうぞ~! 少しツライが。


4WDツアーでクリークを渡るアドベンチャーツアーに参加。

ガイド兼ドライバーのKenとシカゴからの親子+息子の彼女と我々2人。

会話はすべて英語。前途多難。。。

移動のクルマの中に「かまきり」が迷い混んで、

私の手に乗っていたのを、窓から逃がしてやった。

で、何を窓から出したの?と聴かれて

二人して「かまきり」ってなんて言うんだ?

肝心なときにわざわざ購入した辞書はホテルに忘れてきている。

固有名詞は難しい。


ツアーの最終地点がアボリジニ聖地の滝。

だから「川の生まれる場所」。

アボリジニのガイドの女性が滝までの道すがら

薬用植物の説明をしてくれた(よう…)。

水は透明で澄んでいて、一口含むとかすかな甘味。

ここの水を飲むと必ず戻ってくると言われてるので、

また行くかもね。

何回もオーストラリアに行っているのに、実際彼らと接したのは今回が初めて。

働く女性がいる一方で、

広場には暇そうにたむろする男性たち。

仕事がなかなか見つからないんだそうです。

白豪主義が崩れたとはいえ、少数派には厳しい世の中。


photo:

アボリジニの住んでいる「ワジュワジュ」にある川の生まれる場所。

contentsへ戻るcontents.html